120th Anniversary

小松薬局

お知らせ

女性の元気を応援します

40歳を過ぎたあたりから、心身に変化を感じはじめる女性が多くなります。
今までにはなかった急な感情や体調の変化に、戸惑いを覚えてしまうこともあります。

それが女性特有の「ゆらぎ」です。

女性の健康を考えるときに、更年期以降の骨量減少や動脈硬化の予防が健康寿命延伸のためにとても重要です。
女性の皆さん、この機会にご自身の健康について見つめ直してみませんか!

今月のキャンペーン商品は、大塚製薬の大豆イソフラボンから生まれた、女性のための基礎サプリメント「エクエル」と大豆の栄養をまるごととれる「SOYJOY(ソイジョイ)」です。

 

女性のからだに有用と知られている大豆イソフラボン。実はそのパワーの源は、大豆イソフラボンが腸内細菌で変換されて生まれるエクオールという成分でした。
エクオールが、ゆらぎ期を迎えた女性の健康と美容をサポートする成分として、いま注目されています。

エクオールを生み出すためには、材料となる大豆イソフラボンの摂取が必要です。
大豆イソフラボンは、大豆のほか、豆腐やおから、油揚げ、納豆、豆乳など、大豆を原料とする食品のほとんどに含まれます。

エクオールをゆらぎ世代の健康や美容に役立てるには、1日あたり10mgの摂取が目安となることがわかっています。
個人差はありますが、エクオール10mgを体内で産生するためには、大体50mgの大豆イソフラボンが必要になります。

大豆食品から摂取する場合は、豆腐なら2/3丁(200g)、納豆なら1パック(50g)、豆乳ならコップ1杯(200g)が、エクオール10mgを作るのに必要な目安量です。

そんな期待の成分エクオールですが、実はすべての人が体内で産生できるわけではありません。

エクオールを生み出すには、エクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌が必要不可欠。
エクオール産生菌を持っていなければ、大豆イソフラボンをいくら摂取してもエクオールは産生されず、エクオールのチカラを活かすことはできません。

エクオールをつくれる人の割合は、日本人の約50%といわれています。
そのエクオールを毎日手軽に摂ることができるのが、「エクエル」です。

さらに詳しく知りたい方はこちら


ボトルタイプ 内容量:112粒 1日4粒目安(28日分) ¥4,000

 


パウチタイプ 内容量:120粒 1日4粒目安(30日分) ¥4,000

 

 

「SOYJOY(ソイジョイ)」は、小麦粉を一切使用していない、まるごと大豆でできたカラダに良い間食です。
SOYJOY1本あたり、大豆約35粒分の栄養がとれます。

不足しがちな植物性たんぱく質(コレステロールが気になる方)、大豆イソフラボン(骨の健康が気になる方)、食物繊維(お腹の調子が気になる方)を手軽に補給することができます。

さらに詳しく知りたい方はこちら

 


1本 ¥115

 

気になる方は、あなたの健康コンシェルジュ 小松薬局にご相談ください!!

Contents


閉じる