小松薬局

お知らせ

輝く女性に

人生100年時代を迎えた今、骨の健康は、老若男女を問わずに大切な問題です。
特に女性は更年期以降に骨密度が急激に減少するため、対策が必要。

 

3月1日から3月8日は、「女性の健康週間」です。

これを機会に、骨の健康と女性の健康を考える必要性を見直してみませんか。

 

ゆらぎ期を乗り越えるための3つのヒント

  1. 食生活でケア
    積極的に取り入れたいのが、骨粗しょう症を予防するためのカルシウムを多く含む乳製品と大豆食品。
    大豆は食物繊維やオリゴ糖も多く含み、加齢とともに乱れがちな腸内環境を整えてくれるうえ、女性ホルモンと似た働きをする成分として注目される大豆イソフラボンを含んでいます。
  2. 運動は有酸素運動を
    適切な運動習慣、特に有酸素運動が更年期にも有効であることが明らかになっています。
    ウォーキングや水中歩行、フィットネスバイクが有効という報告があります。
  3. アロマテラピーも有効
    クラリセージのようなエストロゲン(女性ホルモン)様作用を持つエッセンシャルオイルを用いると有効です。

 

3月健康応援キャンペーン商品は、大塚製薬の「エクエル」です。

 

女性のからだに有用と知られている大豆イソフラボン。
大豆イソフラボンが腸内細菌で変換されて生まれる成分エクオールです。
エクオールが、ゆらぎ期を迎えた女性の健康と美容をサポートする成分として、いま注目されています。

そんな期待の成分エクオールですが、実はすべての人が体内で産生できるわけではありません。
エクオールを生み出すには、エクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌が必要不可欠。
エクオール産生菌を持っていなければ、大豆イソフラボンをいくら摂取してもエクオールは産生されず、エクオールのチカラを活かすことはできません。
エクオールをつくれる人の割合は、日本人の約50%といわれています。

そのエクオールを毎日手軽に摂ることができるのが、「エクエル」です。
40代以降の「ゆらぎ期」の健康と美容への貢献に期待がもてる健康食品です。

 

パウチタイプ 内容量:120粒 1日4粒目安(30日分) ¥4,000(税抜)

 

是非、お試しください。

Contents


閉じる