小松薬局

お知らせ

ストップ!熱中症~備えあれば熱中症なし~

*熱中症は100%防げる病気です

糖尿病や高血圧などの生活習慣病は食事や運動で発症リスクを下げることはできますがゼロには出来ません。
しかし熱中症は、注意をすれば100%防げる病気です。
 

*熱中症になるとどうなるの?

初期にはめまいや立ちくらみ、こむら返りなどが現れます。
悪化すると頭痛や吐き気、倦怠感などが、重症化すると全身の痙攣や意識障害、肝臓、腎臓や心臓などの重要臓器の機能不全が起こります。
 

*みんなで熱中症予防

  1. 過ごす場所の温度をコントロール
    室温が28℃、湿度は40~60%を目安に。
    それを超えると熱中症になりやすいと言われています。
    温度計や湿度計でこまめに確認を。
     
  2. 十分な水分補給が必要
    体内の水分が不足すると、うまく体温がコントロールできなくなります。
    のどが渇いた時はもちろん渇いていないときもこまめに水分補給を。
    高齢者の場合は睡眠中に熱中症が起こることがあるので就寝前にもしっかり水分補給しましょう。
    激しい運動時や屋外で活動するときは水分と一緒に塩分も摂取しましょう。
     
  3. 食事から水分と栄養をしっかり摂取
    3度の食事で約1ℓの水分をとることができます。
    3食規則正しい食生活が基本です。
    寝不足などで疲れがたまっていると、熱中症リスクが高まるといわれます。
    酢やレモンに含まれるクエン酸は疲労回復に役立つとされているため意識してとりましょう。
     

 

7月のおすすめ商品

OS-1、アクアソリタ、養命酒製造の黒酢、山田養蜂場のはちみつ塩飴、シャツクールです。

OS-1

アクアソリタ

養命酒製造の黒酢

山田養蜂場のはちみつ塩飴

シャツクール

熱中症対策にぜひ活用してください。暑い夏を元気に乗り切りましょう!!

他の記事を見る

Contents


閉じる