120th Anniversary

小松薬局

先輩たちの声

佐古 昭子

本庄店 管理薬剤師
神戸薬科大学卒

(2005年 入社)

来局されるすべて患者さんの健康管理にも深く携わり
地域の皆さんが足を運びやすい薬局にしていきたい

患者さんの声に耳を傾け、
安心・納得していただけるよう日々心掛けています。

大学卒業後5年間病院に勤務し、出産を機に退職しました。約1年間育児に専念し、復職を考えていた際に小松薬局の求人を知りました。夫は三交代勤務で、両親は現役で仕事をしており、仕事と育児の両立は可能なのか不安は消えませんでしたが「何とかなる」という社長の言葉を信じ、就職しました。

2人目を妊娠した際、薬剤師4人の出産が重なり、十分な育児休暇というわけにはいきませんでしたが、産休・育休合わせて6か月の休暇をいただきました。4歳と4か月の2児をかかえての復職は大変でしたが、復職後4か月は1時間短縮勤務にしていただけました。子どもの病気や行事で会社に迷惑をかけることもありましたが、今年で13年目を迎えます。

こうして仕事を続けられたのは、会社や家族の協力のお陰もありますが、薬局での仕事にやりがいを見つけることができたからです。

「患者さんと密接に関われる仕事がしたい!」と思い病院に就職しましたが、実際薬局で働いてみると、病院で働いていた時よりも患者さんを身近に感じました。患者さんに直接話を伺うことでさまざまな反応が得られます。とはいうものの、よい話ばかりではなく、失敗することもあれば叱責されることもあります。それでも患者さんと一喜一憂できるということはとても大切なことだと思っています。

患者さんの声に耳を傾け、安心・納得していただけるよう日々心掛けています。

今後ますます在宅医療への関わりや、セルフメディケーションの推進が求められます。薬に頼らない健康づくりや健康相談。在宅医療に貢献するために多職種と連携をとりながら専門性を発揮していく必要があります。来局されるすべて患者さんの健康管理にも深く携わり、地域の皆さんが足を運びやすい薬局にしていきたいと思っています。

プロフィール

神戸薬科大学卒後、5年間の病院勤務を経て2005年に小松薬局に入社。
現在、本庄店の管理薬剤師として勤務。

Contents


閉じる